<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< コーヒー ワークショップ ♪ | main | 5年目のすももの日 >>
Time To Go


 開場前の名古屋Blue Noteに並んだ11月15日。
 整理券1番で席に着いた、今年は2回目のターボーライブ♪
 特別な特別な時間のはじまりです。

 手を伸ばせばそこがステージ…、
 1番前のテーブル席で、食事をしながら開演を待ちます。





 Time To Go  ターボーの曲タイトルのアーティストカクテル。
 
 ライブは、
 涙するほどよかったこと、言うまでもありません。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ターボーライブ、今年1回目の特別な日は、
 八ヶ岳高原音楽堂でのアコースティック ライブでした。



 はじめての八ヶ岳高原音楽堂。
 最初にテレビでその建物の内部を見た時に、夢に見た光景と似ていることに
 驚いたのです! 人の夢の話ほど、おもしろくないものは無いといいますね(笑)
 なので内容は書きませんが、笑、
 もう10年近く前に、同じテーマ(教会)の夢を続けて2回みたことがあって、
 そのあと生活環境が大きく変化することがあったものだから、
 印象的な夢となっているのです。
 そんなこともあって、とても行きたかった場所。
 その願いが、ターボーのライブで叶いました。

 ようやくここに居て、またここからはじめよう・・・、
 そんな感慨深い気持ちに。 →  特別な一日、八ヶ岳音楽堂へ。





 音楽堂では、サイン会もありました。
 前から欲しかったCD paletteを購入して、列に並び、
 ひとことふたこと言葉を交わす♫と、
 去り際に「そのCD好きですよー」とターボー、
 ウフフ♫♪


 いつも、作品づくりの時に聞いているターボーの楽曲。 
 歌のある曲は、創ったり描いたりする時には聞かないのだけど、
 ターボーの曲は特別で、その声や歌い方と相まって、
 言葉のひとつひとつが旋律そのもののよう。
 不思議な感覚。 
 
 ファン歴はまだ7年ほど。
 音楽活動40周年とのことなので、まだまだ駆け出しのファン。
 それでも、 年齢を重ねた分の遅まきの出会いは、
 スーっと奥深く入って揺るぎがたいものであるような・・・。
 来年3月の 40th ANNIVERSARY LIVEのチケットも予約澄み。

 

COMMENT